神経の興奮伝導②神経の分類

今回は神経の分類についてまとめていきたいと思います!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



■神経の分類
A. 伝導速度による分類

主に遠心性線維(運動神経)の分類に用いられる.

体性運動神経, 筋紡錘の一次神経終末からの求心性線維

:触・圧覚受容器および筋紡錘の二次終末からの求心性線維

筋紡錘への運動神経

:侵害受容器(痛覚受容器), 冷受容器からの求心性線維

B自律神経節前線維

C:侵害受容器(痛覚受容器), 冷受容器, 温受容器からの求心性線維, 自律神経節後線維




伝導速度, 神経線維の直径共に

Aα > Aβ > Aγ > Aδ > B > C




____________________________________________
B. 直径による分類

主に求心性線維の分類に用いられる.

Ⅰa:Aαに相当. 筋紡錘の一次終末からの求心性線維

Ⅰb:Aαに相当. 腱器官からの求心性線維

:Aβに相当. 筋紡錘の二次終末, 触・圧覚受容器からの求心性線維

:Aδに相当. 侵害受容器冷受容器からの求心性線維

:Cに相当. 侵害受容器冷受容器温受容器からの求心性線維




伝導速度, 神経線維の直径共に

Ⅰa > Ⅰb > Ⅱ > Ⅲ > Ⅳ


C線維およびⅣ群線維のみ無髄
___________________________________________________



いかがでしょうか.
それでは今回の範囲の国家試験問題をみてみましょう.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




____________________________________________________
(1)末梢神経について正しいのはどれか (48-P62)
1. A群は最も太い
2. B群は無髄である
3. C群は有髄である
4. 交感神経節前線維はC群である
5. 交感神経節後線維はB群である
____________________________________________________

____________________________________________________
(2)末梢神経で正しいのはどれか (45-P61)
1. 節後性交感神経線維は有髄線維である
2. 大径の運動神経線維は無髄である
3. 無髄神経はSchwann細胞に覆われている
4. 有髄線維は直径が大きいほど伝導速度が遅い
5. 神経筋接合部にはノルアドレナリンが含まれている
____________________________________________________







いかがでしょうか.
正解と解説はこちらから↓
解答_解説.pdf










以上で今回の範囲を終わります!!!!
次回はシナプス結合についてまとめていきます!






この記事へのコメント